安全学入門 安全の確立から安心へ

 
 
安全学入門

著者
向殿 政男(明治大学)
北野 大(明治大学)
菊池 雅史(明治大学)
小松原 明哲(早稲田大学)
山本 俊哉(明治大学)

発行
㈱研成社
東京都中央区日本橋蛎殻町1-6-4
電話:03-3669-1828
FAX:03-3669-1850
E-メール:nogihen@kenseisha.net

 
 

本の内容
かっては、安全といえば労働安全や交通安全が中心でしたが、近年はエレベーター・回転ドア・遊具・食品・建築物・家電製品・犯罪、そして災害等、列挙すればきりがないほど多種多様です。これら種々の事故・事件を科学・社会学等多くの分野を結集して、減らすことが求められています。とくに少子・高齢化社会を迎えているいま、これまで以上に安全・安心に関心が高まっています。また、昨今、この安全・安心を脅かす事件・事故が身近でも多発しています。本書は、機械製品、化学物質、食品等の種々の安全問題に対し、それぞれの専門家が時には事例を挙げながら、解決のヒントを与えます。

 

目次
第1部 安全学の基礎(安全学とは リスクアセスメント リスクコミュニケーション)
第2部 くらしのなかのリスク(生活のなかの不安 製品安全と誤使用の防止 社会の安全・安心)
第3部 事例にまなぶ安全・安心(機械システム 災害と建築 生態系の安全 食品の安全 化学物質の安全)

 
 

 
 

top page

PAGE TOP